HOME ヘッダーイメージ
ご挨拶事業内容ニュースアラカルトQ&A採用情報事業所案内


事業内容 事業内容
HOME
法人経営・個人事業
サポート
医業サポート
オーナー・資産家
サポート
助成金サポート
その他の業務
カテゴリトップへ 
試行雇用奨励金
 地域創業助成金    試行雇用奨励金  
 受給資格者創業支援助成金    中小企業基盤人材確保助成金  


ハローワークの紹介により「トライアル雇用対象労働者」を、試行雇用(原則3ヶ月。1ヶ月又は2ヶ月も可能)として雇い入れた場合。

▼トライアル雇用労働者
中高年齢者 ・45歳以上65歳未満
若年者 ・35歳未満の者
母子家庭の母等 ・20歳未満の子供(あるいは障害のある子供)を扶養している、配偶者のいない女性
・精神、身体に障害があり働けない夫を扶養している女性
・生活保護法による保護を受けている者
障害者 ・障害者雇用促進法に定める障害者等
日雇労働者 ・日雇労働を常としている者
ホームレス ・公園、河川、駅舎等の施設を起居の場所としている者

▼受給できる金額
対象労働者1人につき、月額5万円
原則3ヶ月ですので、1人につき最高で15万円が受給可能です。

▼受給までの流れ
STEP1
ハローワークへ求人を出す
ハローワークに「トライアル雇用」の求人の申込みと、「トライアル雇用求人関係資料」を提出します。
STEP2
ハローワークから、トライアル雇用を希望する人材の紹介を受ける
面接等、選考後、紹介を受けた人材の採用を決定します。
STEP3
トライアル雇用開始!(原則3ヶ月)
3ヶ月の「トライアル雇用」=お試し期間を開始します。  この期間中に、労働者の適性・能力・可能性などを実際に見極め、本採用するかどうかを決定することができます。
STEP4
実施計画書の提出
トライアル雇用を開始してから2週間以内に、「トライアル雇用実施計画書」を提出します。
STEP5
トライアル雇用期間の終了
期間終了後、必ず本採用(常用雇用)しなければならないという義務はありません。 ただし、合理的な理由がなく、本採用にならない者が3名を超えるなど一定の条件に該当しますと、以後トライアル雇用の紹介を受けられなくなることがあります。
STEP6 結果報告書・支給申請書の提出
トライアル雇用終了から1ヶ月以内に「トライアル雇用結果報告書」「試用雇用奨励金支給申請書」を提出します。 奨励金 受給 労働局より奨励金が銀行口座に振り込まれます。

ハローワークの紹介で、労働者を短期間(原則3ヶ月)お試しで雇ってみる制度です。 この「トライアル雇用」期間中に、労働者の適性や能力を実際に見極めた上で、本採用するかどうかを決定することができます。 金額は少ないものの、受給の要件や提出書類が少なく、かなり利用しやすいものです! 特に、20代の若い労働者や、離婚して子育てをしながら働く女性など、会社として採用の可能性が高い労働者が対象になっており、助成金特有の「こんな条件に当てはまるコトめったにない!」というような難しい要件がありません。

新しく採用の予定のある会社は、是非活用したいものです。



HOMEPAGETOP

関連リンクお問い合わせ
(c)copyright 2004-2007.Medical Reseach Institute,Inc. & General Accounting Office All right reserved.
大塚会計総合事務所|株式会社大塚総医研